メディアブルデザインの制作書庫

MediableDesign - 制作書庫

可変変数


【 例 】
$text = "ino";
echo $text;

//「ino」が出力されます。

$$text = "web";
echo $ino;

//「web」が出力されます。

「$」を2つ付ける事で、変数名を指定できます。例ではまず $text に 「ino」という値が入り、 $$text は $ino としての扱いができます。

なので、 $$text = "web"; とする事で、 $ino に「web」という値が入る事になります。

echo ${$text};

この記述でも「web」が出力されます。

また、可変変数 $$text に配列を使用したい場合は $$text[1] ではなく、 ${$text[1]} という記述となります。

【まとめ】
$text = "ino";
echo $text;
$$text = "web";
echo $ino;
echo ${$text};
//「ino」「web」「web」が出力されます。



同じカテゴリの記事

phpinfoの確認

文字化け対策や置換など

数字に「, (カンマ)」を付ける

echoを短く省略した書き方

date関数での日付表示フォーマット一覧

50,000円からのホームページ制作
月額10,000円からのホームページ更新・運営代行

powered by MediableDesign(メディアブルデザイン)
このウェブサイト上の文章、映像、写真などの著作物の全部、または一部を了承なく複製、使用することを禁じます。
COPYRIGHT © MediableDesign All Right Reserved.